ツイッター物語 in the train

 Twitter(ツイッター)とは・・・・・ 個々のユーザーが「ツイート」と呼称される短文を投稿し、閲覧できるWebコミュニケーション・サービスである。 (ウィキペディアより)


 僕がツイッターをやり始めた当初、まったくもってその魅力がわからなかった。だが、利用しているうちにだんだんとのめり込み、ケータイをiPhoneにチェンジした頃から、利用頻度が格段に増えた。ツイッターとiPhoneは相性がよいと言われるが、確かに扱いやすい。

 あるとき、僕宛の妙なツイートに気がついた。


 「@mash20004000 隣で寝てましたね、お疲れ様です。」


 mash20004000は僕のツイッターのアカウント。@をアカウント名の前方につけると、その人宛のツイートという意味になる。
 二日前の23:47。確かその時間は都内から自宅への帰り道、下り電車に乗っていたはず。僕の隣に座っていた、ということだろうか。ツイートをくれたユーザーのプロフィールを見てもピンとこない。誰だろう。ただ、本名で登録していないだけで、実際は知り合いの方かもしれない。とりあえずツイートを返してみることにした。



 「こ、これは・・・・・・?! 今気づきました。電車でお隣でしたか?
  RT @XXXX: 隣で寝てましたね、お疲れ様です。」



 RTとはリツイートの略である。以下のツイートに対する返事、ということだ。XXXXにはツイートをくれた方のアカウントが入るのだが、念のため伏せることにする。

 これに対する反応はすぐにはなかった。
 
 電車で隣に座っていた方がツイートをくれたとしても、なぜ僕のアカウントを知っているのか? そもそも知り合いの方なのか、そうでないのか。謎は深まるばかりである。
 だが、相手方のツイートの履歴を覗いてみると、すべての謎の答えがそこにはあった。

 初めのツイートは、僕宛のツイートの30分ほど前。





















 「隣のよっかかって座ってる奴のツイッターアカウント丸見えなのでフォローしようか迷い中」







 !!!!




 隣のよっかかって座ってる奴 = 僕????


 iPhoneを握り締め、ツイッターを開いたまま寝ていたらしい。あまりにも寄りかかってきてうざったいので、隣を見たらツイッターのアカウントが見えた。そんなところだろう。
 ちなみにフォローとは、mixiでいうマイミクシィのようなもの。マイミクシィと違うのは、その人の許可がなくともフォローが可能だというところだ。

 さらにツイートは続く。
















 「異性だよ! メガネでジャケット着てる!
  RT @AAAA: そこから始まる恋もあるかもですよ! いや、異性かどうかまだ聞いてないが・・・・」





 「あ、起きた! けどすぐまた寝た!wwwwwww ああ〜なんかゾワゾワする!!」





 「いや、ずっと寝てたから顔あまりわからん! 普通ぐらいぽい!
  RT @BBBB: 相手はイケメンか?」





 「どうしよう・・・・・ ツイート送ってみようかな・・・・・・・ あ、電車降りてった!」





 「出会いは2駅越し!」





 「@mash20004000 隣で寝てましたね、お疲れ様です。」
 




 確かその日は黒縁メガネに黒のジャケットを羽織っていた。先ほどの「隣のよっかかって座ってる奴 = 僕」の方程式に間違いはなさそうだ。ちなみに「AAAA」「BBBB」はツイート主の友人A、友人Bとする。
 自分が電車でうとうとしていたときに、裏ではこんな実況中継がされていたかと思うと、気恥ずかしいものがある。

 このあともツイートは続いた。













 「ツイート送ったwwww 返事くるかな」





 「彼女いるんかな・・・・・・。(何を期待して←)」





 「妻がいるのかorz なんだよ〜! ショック!
  RT @CCCC: マッシュという方でしたっけ? ちょいちょい探っていたら妻がいるらしいですよ」





 「妻がいるらしい! ついったー男&女は生まれないなwwwww 
  RT @DDDD: とりあえず反応無いみたいだな。ついったー男とついったー女の誕生の瞬間を見たいぞ(笑)」










 オイ! なんか僕、いることになってる(爆)
 


 独身貴族へ驀進中の僕がなぜ既婚者あつかいなのか、「ちょいちょい探ったって、ナニを調べたんや君!」と疑問に思ったが、おそらくツイッターのプロフィールから僕のブログを見たのだろう。
 そのときの最新の記事が「愛のない愛妻弁当」だった。文面を見返してみると、確かに僕を知らない人が見たらまるで妻がいるかのように受け取るような内容であった。これか・・・・・。

 相手からの返信が来る前に、すべての事実を把握した僕は、もう一度、ツイートを送った。


 
 「@XXXX 先日は電車で寝ながら寄りかかってたみたいですみません。おまけにイケメンじゃなくてすみません(笑)」


 翌日、返事が来た。


 「@mash20004000 反応ありがとうございます! へんなツイートですみません!」


 変なツイートだなんてとんでもない。むしろ楽しませてもらったので、ありがとうと言いたいぐらいだ。

 ここで「電車で寄りかかってしまった罪滅ぼしに、一緒に食事でもどうですか?」なんて誘うことができれば、まさに電車男のような物語に発展する可能性も秘めているが、度胸のない僕にはそれができないので、ここで物語は終わりますたぶん(笑)










※ ツイートの内容には若干の修正が施されています

0

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.17 Sunday
      • -
      • 13:01
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      このことだったんですね〜♪

      実を言うと、このツイートをタイムリーにも見ていて、いったい何の話をしているんだ?って思っていたら…(笑)

      これもSNSならではのいい出来事・いい出会いですね^^
      お相手は女性だったってことですよね??
      せっかくのチャンスを!!これは本を書いて印税貴族ができるチャンスですよ!!←

      付き合えなくても相手に話を持ちかけて、『冷静と情熱のあいだ』のように双方の視点から描いて2人で印税貴族!!←←
      • かおるーん
      • 2010/11/24 7:45 PM
      わ〜そんな素敵な出会いもあるんだね!
      「私が妻です」ってツイートしちゃおうかなあああ。
      • ちゅに
      • 2010/11/24 10:39 PM
      Silkyblossomさん

      このことだったんです。
      書く前に話したかったんですが、あえてガマンしてました(笑)


      かおる〜んさん

      印税貴族て(笑)
      双方向からの視点で書くのはおもしろそうですね。
      ツイッターを知らない人にいかにわかり易く書けるかがポイントですね。(←書く気か!)
      • マッシュ
      • 2010/11/25 12:39 PM
      ちゅにさん

      >「私が妻です」ってツイートしちゃおうかなあああ。

      お願いだからヤメテ(涙)
      話しややこしくなりますから!
      • マッシュ
      • 2010/11/25 12:44 PM
      のりほ〜♪
      "すななれ"より、こっちのほうがおもしろいわ。
      • 2010/11/26 9:29 AM
      葵さん

      のりほー♪ (ナイス!)

      ツイッターのドラマありましたね。
      タイトルはそこからパクってもよかったかなぁ。
      「針すなおになれなくて」とか(笑)
      • マッシュ
      • 2010/11/27 8:44 AM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      ついったー

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • '17 黒門亭クイズ王 真の決着の時
        マッシュ
      • '17 黒門亭クイズ王 真の決着の時
        とり
      • '17 黒門亭クイズ王、決着の時
        マッシュ
      • '17 黒門亭クイズ王、決着の時
        とり
      • '17 黒門亭クイズ王、決着の時
        マッシュ
      • '17 黒門亭クイズ王、決着の時
        たけへ
      • '17 黒門亭クイズ王のゆくえ
        マッシュ
      • '17 黒門亭クイズ王のゆくえ
        とり
      • 我がブログ、9年間のベスト5を発表
        マッシュ
      • 我がブログ、9年間のベスト5を発表
        とり

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      sponsored links

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM